さらにきっと役に立たないと思うんだな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO-03D deodex


適当にフォルダーを作成  C:\deodex とか

smali

上記サイトから baksmali baksmali-1.4.2.jar smali smali-1.4.2.jar をDL

7Z.EXE / 7ZW.EXE

上記サイトから 7za.exe をDL

baksmali-1.4.1.jarをbaksmali.jarにリネーム

smali-1.4.1.jarをsmali.jarにリネーム

C:\deodexの中に上記ファイル5つ入れる

adbコマンドで必要ファイルを端末からコピーする
   adb pull /system/framework system/framework
   adb pull /sysytem/app system/app

deodexフォルダーにsystem/frameworkとsystem/appを移動
1_20130403235258.png

deodexしたいodexをdeodexフォルダーに配置 C:\deodex\hoge.odex
deodexしたいapkをdeodexフォルダーに配置 C:\deodex\hoge.apk
2_20130403235748.png


コマンドプロントを起動させ C:\deodex に移動  C:\deodex>

java -jar baksmali.jar -d system/framework -x SystemUI.odex -o Settings
3-3.png
クラスパスがちがう場合もある
Bluetooth.odex
java -jar baksmali.jar -c :javax.obex.odex -d system/framework -x Bluetooth.odex -o Bluetooth
android.policy.odex
java -jar baksmali.jar -c :core-junit.odex -d system/framework -x android.policy.odex -o android.policy
framework.odex
java -jar baksmali.jar -c :core-junit.odex -d system/framework -x framework.odex -o framework

deodexフォルダにSettingsフォルダが作られ、その中にsmaliファイルが展開される
3_20130404000159.png

java -jar smali.jar Settings -o classes.dex
4-4.png
smaliファイルからclasses.dex作られる
4_20130404000732.png

7za a -tzip SystemUI.apk classes.dex
5-5.png
classes.dexがapkに追加される
5_20130404001317.png

端末の.odexを削除して、作成した.apkや.jarを入れ替えていくと終わり












baksmaliの引数

「-d」:bootclassディレクトリの指定。
/system/ディレクトリを指定

「-x」:不明
展開するファイルを指定?

「-o」:出力ディレクトリの指定

関連記事

コメント:

コメントの投稿

URL
コメント:

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL : http://maruppa.blog.fc2.com/tb.php/115-8af95dd8
<< AutoDEOTool (deodex) | TOP | SO-03D CWM Recovery導入 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。