さらにきっと役に立たないと思うんだな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SC-04D Clockwork Recovery Touch

[RECOVERY][GSM] Clockwork Recovery Touch Enabled 5.8.0.2

上記サイトから"recovery-clockwork-touch-5.8.0.2-maguro.img"をDLする。

fastbootフォルダーに移動させとく。

コマンドウィンドウを起動させfastbootフォルダーに移動。

「fastboot flash recovery recovery-clockwork-touch-5.8.0.2-maguro.img」と入力してEnter

ブートローダーを立ち上げ「Recovery mode」にして、電源ボタンを押す。

タッチ操作できるCWMが起動するよん。



<余談>
「fastboot boot recovery-clockwork-touch-5.8.0.2-maguro.img」
とflash recoveryのところをbootに置き換えて打ち込むと、一回のみCWMが起動する。




SC-04D docomoなROM(4.0.2)にする

[REF] [HOW-TO] [GSM & CDMA] Official Google OTA update URLs -- Latest: JZO54K / 4.1.2

上記のサイトの#145からFileをいただく。

94ec403ff247.update_yakjusc_ITL41D_to_ICL53F.zipを内部ストレージに移動しとく。

前回の初期ROM(4.0.1)に戻すで4.0.1に戻る。

CWM Recoveryを起動させる

super wipe lite、cache、dalvik cache、battery statsのwipeを実行。

「install zip from sdcard」を選択。

「choose zip from sdcard」を選択。

「94ec403ff247.update_yakjusc_ITL41D_to_ICL53F.zip」を選択。

「Yes - Install 94ec403ff247.update_yakjusc_ITL41D_to_ICL53F.zip」を選択。

reboot

おわり



<注意?>
94ec403ff247.update_yakjusc_ITL41D_to_ICL53F.zipには、ドコモデフォルトのrecovery.imgが入ってる。


radio.imgも更新されているみたいなので、backupしとくといい。<radio.img過去記事




SC-04D docomoな初期ROM(4.0.1)に戻す

docomo-rom.zip

上記から圧縮Fileをいただく。サーセンw


ダウンロード後解凍。

boot.imgsystem-ITL41D-SC04D0MKKD.imgをFastbootフォルダに移動。

端末をFastbootモードでPCに接続。

コマンドウィンドウを起動しFastbootフォルダに移動。

「fastboot erase system -w」と入力してEnter。

「fastboot erase boot」と入力してEnter。

「fastboot flash system system-ITL41D-SC04D0MKKD.img」と入力してEnter。

「fastboot flash boot boot.img」と入力してEnter。

「fastboot reboot」と入力してEnter。

自動で再起動がかかる。←辛抱強く待つ。

おわり。


Androidバージョン = 4.0.1
ベースバンドバージョン = SC04DOMKKD
カーネルバージョン = 3.0.1-ge2433f2
ビルド番号 = ITL41D.SC04dOMKKD

に戻ってSUもいなくなるはず。




SC-04D SystemDump

Fileを差し替えたりゴニョゴニョしたりすると、よく元のapkやFileをbackupしわすれるw

CWMでbackupの復元すればすむ事なのだが、それもよく忘れるw

初期かもだるいw

いっそのこと最初の段階でSystem以下の階層をごっそりPCにbackupを取っとけば無問題( ´∀`)σ)Д`)



端末にて、設定のUSBデバッグを有効しPCに接続

PCにて、コマンドプロント起動


「adb remount」と入力してEnter。

「adb pull /system C:\a」と入力してEnter。

「adb reboot」と入力してEnter。

「exit」と入力してEnter。


これでCドライブ直下に"a"というホルダーが作成されて、端末の/systemがホルダーの中にコピーされる。

"a"は変更可能

これで、さらに安心できるかは不明




SC-04D efsをbackup

発売当初、公式SIMロック解除をしても初期化したりするとSIMロックが掛かったりしてた。

そしてアプリで非公式SIMロック解除方法があったりした。

アプリで実行するとIMEIを永久的に書き換えてしまったりもする。


なにかのトラブルに巻き込まれてIMEIを元に戻せなくなると大変なことになるのでbackupを確保したい。

efsにIMEI含まれているらしい。


前回したradio.imgのbackupの方法と基本同じ


違うのは

#がでた後

dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.0/by-name/efs of=/sdcard/efs.img」と入力してEnter。



<保存先>
コンピュータ/Galaxy Nexus/内部ストレージ/efs.img


もし表示されない場合はSC-04Dを再起動させれば見えると思ふ。

このefs.imgも大切に保存したほうがいいかもしれない。




<< 前のページ 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。